Linux ドライバの手動更新 ナビゲーションをスキップする

Linux
ドライバの手動更新

Linux
デバイス上のカーネルをアップグレードする際には、デバイスがそのカーネルをサポートするドライバを実行していることを確認する必要があります。
Linux
ディストリビューションがカーネル更新プログラムをリリースすると、
BlackBerry
は更新された
Linux
ドライバパッケージを作成し、管理コンソールから入手できるようにします。ドライバアップデートパッケージは、エージェントリリースに含まれているバージョンよりも新しいバージョンがある場合にのみ入手可能になります。
BlackBerry
では、エージェントをバージョン 3.1 以降にアップグレードすることをお勧めします。このバージョン以降では、更新されたカーネルが検出された後、入手可能になり次第、エージェントが
Linux
ドライバを自動更新
できるようにする機能が有効になります。バージョン 3.0 または 2.1.1590 のエージェントを実行している場合、または[
Linux
ドライバを自動更新]機能を使用しないという選択をした場合は、
Linux
カーネルのサポートされているドライバを手動でインストールする必要があります。組織のツールやメソッドを使用して、互換性のあるドライバをデバイスに展開できます。
  1. 管理コンソールのメニューバーで、
    [設定] > [展開]
    をクリックします。
  2. [製品]
    リストで、
    [CylancePROTECT ドライバ]
    を選択します。
  3. [OS]
    リストで、ドライバをダウンロードするオペレーティングシステムを選択します。
  4. [バージョン]
    リストで、ドライバのバージョンを選択します。
  5. [形式]
    リストで、ドライバの形式を選択します。
  6. [ダウンロード]
    をクリックします。
  7. RPM パッケージをアップグレードするには、次のいずれかのコマンドを入力します。
    両方のドライバを同じコマンドラインに貼り付け、xx をパッケージのバージョン番号に置き換えます。
    ディストリビューション
    コマンド
    Oracle
    6、
    Oracle
    UEK 6
    rpm -Uvh CylancePROTECTOpenDriver-xx.el6.noarch.rpm CylancePROTECTDriver-
    xx
    .el6.noarch.rpm
    CentOS
    7、RHEL 7、
    Oracle
    7、
    Oracle
    UEK 7
    rpm -Uvh CylancePROTECTOpenDriver-xx.el7.x86_64.rpm CylancePROTECTDriver-
    xx
    .el7.x86_64.rpm
    Amazon
    Linux
    2
    rpm -Uvh CylancePROTECTOpenDriver-xx.amzn2.x86_64.rpm CylancePROTECTDriver-
    xx
    .amzn2.x86_64.rpm
    SUSE
    Linux
    Enterprise Server
    rpm -Uvh CylancePROTECTOpenDriver-xx.x86_64.rpm CylancePROTECTDriver-
    xx
    .x86_64.rpm
    サポート対象の 32 ビット
    Ubuntu
    および Xubuntu ディストリビューション
    • 次のコマンドを使用して依存関係をインストールします。
      sudo apt-get update -y && sudo apt-get install
    • 次のコマンドを使用して、
      CylancePROTECT Desktop
      ドライバ DEB パッケージをインストールします。
      dpkg -i cylance-protect-open-driver_xx_i386_32.deb dpkg -i cylance-protect-driver_xx_i386_32.deb
    サポート対象の 64 ビット
    Ubuntu
    、Xubuntu、および Debian ディストリビューション
    • 次のコマンドを使用して依存関係をインストールします。
      sudo apt-get update -y && sudo apt-get install
    • 次のコマンドを使用して、
      CylancePROTECT Desktop
      ドライバ DEB パッケージをインストールします。
      dpkg -i cylance-protect-open-driver_
      xx
      _amd64.deb dpkg -i cylance-protect-driver_
      xx
      _amd64.deb
  8. 次のコマンドを使用してサービスを再起動します:
    systemctl start cylancesvc