エージェント設定 ナビゲーションをスキップする

エージェント設定

エージェント設定を使用すれば、ファイルが隔離されたときなどにデスクトップ通知をデバイスに表示できます。このページからコンソールにエージェントログファイルをアップロードすることもできます。
オプション
説明
ログファイルの自動アップロードを有効にする
コンソールのエージェントログがログファイルをアップロードし、コンソールで表示できるようにします。アップロードされたログファイルは30日間保存されます。
このオプションを有効にすると、[デバイス]タブからこのポリシーに割り当てられたデバイスを選択したとき、[エージェントログ]タブが表示されます。ログファイル名は、ログの日付になります。
デスクトップ通知を有効にする
エージェント通知ポップアップは、各デバイスで設定することも、コンソールのポリシーレベルで設定することもできます。デバイスレベルでエージェント通知ポップアップを有効または無効にすると、コンソール設定よりも優先されます。ログファイルを記録するデバイスがこのポリシーに割り当てられていることを確認します。
エージェント UI では、CylanceUI が再起動されるか、デバイスが再起動されると、[イベント]タブがクリアされます。