ロギングレベルの設定 ナビゲーションをスキップする

ロギングレベルの設定

設定されるロギングレベルによって、エージェントログの詳細レベルが決まります。詳細ロギングでは、ログファイルのサイズ増加が非常に速くなります。
次のコマンドを使用して、
Linux
エージェントの現在のロギングレベルを表示できます。
/opt/cylance/desktop/cylance -l
  1. ロギングレベルを設定するには、次のコマンドを使用します。
    /opt/cylance/desktop/cylance -L <level>
    <level>
    の値には、次のいずれかを指定できます。
    • 0
      :エラー
    • 1
      :警告
    • 2
      :情報
    • 3
      :詳細
    たとえば、次のコマンドは、ロギングレベルを「詳細」に設定します。
    /opt/cylance/desktop/cylance -L 3