Cylance Endpoint Security と MDM ソリューションの統合によるモバイル脅威への対応 ナビゲーションをスキップする

Cylance Endpoint Security
と MDM ソリューションの統合によるモバイル脅威への対応

Cylance Endpoint Security
Microsoft Intune
に接続して、
Cylance Endpoint Security
から
Intune
にデバイスのリスクレベルを報告できるようにすることができます。デバイスのリスクレベルは、
Intune
管理対象デバイス上の
BlackBerry Protect
アプリによるモバイル脅威の検出に基づき、計算されます。
Intune
は、デバイスのリスクレベルに基づいて軽減アクションを実行できます。
Cylance Endpoint Security
Intune
に接続すると、統合が適用されるデバイスタイプと
Intune
グループを定義するアプリ設定ポリシーが作成されます。
BlackBerry Protect
アプリによって検出されたイベントを、選択したリスクレベル(高、中、低)にマッピングするリスク評価ポリシーを作成して割り当てます。
Intune
管理対象デバイス上の
BlackBerry Protect
アプリが脅威(悪意のあるアプリやサイドロードされたアプリなど)を検出すると、その脅威にマッピングされているリスクレベルが、そのデバイスに対して
Cylance Endpoint Security
で算出される全体的なリスクレベルに織り込まれます。
Cylance Endpoint Security
はデバイスのリスクレベルを
Intune
に報告し、
Intune
はそのリスクレベルに設定されている軽減アクションを実行します。
この機能を使用するすべての
Intune
管理対象デバイスを
Cylance
コンソールでアプリ設定ポリシーに含める必要があります。この機能では
BlackBerry Protect
アプリバージョン 2.0.1.1099 以降が必要です。