プロセスフロー:連絡先に対する BlackBerry Messenger 接続済みアプリケーション接続への参加の招待

  1. BlackBerry デバイスユーザーが BlackBerry Messenger 接続済みアプリケーションから、チャンネル接続への参加の招待を開始します。
  2. アプリケーションは連絡先ピッカーリストを表示します。 BBM プラットフォームによってリストが作成されます。 BlackBerry デバイスにアプリケーションをインストールしている連絡先のみが連絡先ピッカーに表示されます。
  3. ユーザーは連絡先ピッカーから連絡先を選択し、招待を送信します。
  4. アプリケーションは一意の招待 ID を割り当てます。 各招待には有効期限があり、その時間を過ぎると招待が失効します。
  5. BBM プラットフォームはリクエストを受け取り、招待を指定された連絡先に転送します。
  6. BBM プラットフォームは、応答を待っているユーザーと承諾または辞退が必要な連絡先の両方に対して、保留中の招待のリストを維持しています。
  7. 連絡先は BBM 内で招待を受信します。
  8. 各連絡先は、招待を承諾または辞退します。
  9. BBM プラットフォームは応答をユーザーに返します。
  10. アプリケーションは招待 ID に対して応答を検証します。
  11. 招待が承諾され、検証が完了すると、BBM プラットフォームは接続を開き、ユーザーと連絡先を BBM 接続済みアプリケーションのアクティブ参加者として追跡します。
  12. BBM プラットフォームは、送信者と受信者双方の保留中の招待のリストから招待を削除します。
  13. 招待が失効した場合、または、招待が承諾される前にユーザーがアプリケーションを終了した場合、BBM プラットフォームは、招待が既に有効でないことを連絡先に通知します。
前のトピック: プロセスフロー

この情報は役立ちましたか?ご意見をお寄せください。